首だけでなく脳にも影響を与えることもあると言われている枕

誰でも必ず休息のために寝る時間はあると思うんですが、枕を使う意味って何なの?と思った事はありませんか?

よく、枕が変わると寝れないんだよねーという方もいるのですが、自分に合った枕じゃないと熟睡できないというのは本当だと思います。

好きな形や大きさではなく、首や肩にきちんとフィットする枕であれば心地よい眠りに付く事ができますし、熱がこもらないよう工夫された素材だったりするのも枕の大切な部分となっていますから、疲労を溜め込み過ぎないように、しっかりと枕を選んだ方がいいと思うのです。

枕の素材は、熱がこもらないものがいいといえるのですが、寝汗をかく事も考えると通気性がいい枕ということも重要だったりします。

最近は洗える素材や型くずれしにくいものなどもあるので、長く使えるものを選ぶのもいいとは思うのですが、頭に熱がこもってしまうと脳が休めない状態になってしまいますから、よく選んだ方がいいですね。

首と型の接触面にも重要なポイントがあるんですが、硬すぎず沈みすぎないものが理想だと言われています。

頭を支えている頚椎という部分を保護するのが枕の役割となっていますので、この機会に充分な眠りのために、枕の大きさや形などもよく選んでみてはいかがでしょうか。

オーダーメイドの枕