枕の高さ次第で体調が改善されるかもしれないというお話の嘘と本当

ベッドと枕にも相性があることを知っていますか?

柔らかいベッドが好きな方は包み込まれる感じが心地よいと感じていると思うのですが、柔らかいベッドや布団で眠るのであれば、枕は低めの物を選んだほうがいいですね。

枕なんてなくても平気!とおっしゃる方もいらっしゃるんですが、枕をせずに眠ると体調不良になってしまうこともあるので、ちょっと意識してみてはいかがでしょうか。

頭痛もちの方なども多いと思うんですが、枕が原因で不調になっている可能性も充分に考えられます。

通気性や吸水性など、素材も重要なんですが、高さや硬さも大事ですので、自分の姿勢や体形に合わせて選んでいただきたいものです。

硬めの枕がいいと言われて、硬すぎる枕を使うのは良くありません。

頭と首の接触部分が少ないと、首が安定しないので炒めてしまう可能性もあります。

脳をリラックスさせることも重要なポイントですので寝苦しくならないような枕を探してみてください。

身体が沈む寝具をお使いなら低めの枕を選び、硬めの布団をお使いなら3cm程度の高さの枕がいいと言われていますので、次の買い替えの際に意識してみてくださいね。

枕を変えるだけで眠りの質が良くなるなんて考えたこともなかったかもしれませんが、整形外科医などもこういうことを教えているようなので試してみるといいでしょう。

オーダーメイドの枕